インフォメーション

2020年から「水書(すいしょ)」が小学1・2年生に導入されます。水を使って字の書き方を習います。専用の紙と筆はぜひ当店で。

小学校学習指導要綱の改定により2020年から小学1・2年生の授業に「水書用筆を使った運筆指導」が取り入れられます。

水で書くことのできる紙と筆を使い、基本の「トメ、ハネ、ハライ」を学び、きれいな字の書き方を身に付けてもらおうという内容です。

水で書くため、墨で服や机などを汚すことなく練習できます。

 

キング堂では、呉竹の専用の紙と筆ペンがセットになった「すいしょ 練習セット」、専用の筆「水書用筆」を取り扱っています。

セットに入っている「水書筆ぺん」は水書専用に開発され、ボディに入れた水で字を書いていくため、途中で水をつけることなく書き進められます。「トメ・ハネ・ハライ」がしやすいコシのある筆先になっています。

「水書用筆」鉛筆の持ち方でも書きやすいよう、穂先が短く、また鉛筆と同じ六角形軸を採用しています。

 

 

筆など書道用品を100年以上作り続ける呉竹なので、安心して使うことができます。

また小学生の授業で使うということで「水書」を知り、興味を持った一般の方も

購入されています。

これを機に、「水書」を始めてみませんか。

 

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

RSS配信

Twitter

お問い合わせ

キング堂

携帯アクセス

qrcode